シェーディングの上級テクニック

メイクの方法の1つにシェーディングがあります。
チークなどを用いて顔に陰影をつけることで立体的に見せることができ、効果的に顔の大きさや骨格などに変化をつけることができるメイク法です。

 
ファンデーションよりも濃い色のチークなどを使って、出っ張りやふくらみが気になる部分にブラシなどを用いて塗ることで、その部分が影になり削り取られたように見せることができます。
注意しなければならないポイントは境目をなくすということです。自然な影を作ることで効果的に見せることができる方法なので、不自然な影を描いてしまっては逆効果になってしまいます。
影は顔の周りのみではなく鼻筋に沿って入れることで鼻が高く見える効果も期待できます。
その際に高く見せたい場所にはファンデーションよりも明るい色のハイライトを入れることでより顔は立体的に見せることができます。

 
また上級テクニックとして、芸能人なども行っているメイク法でおでこの生え際にシャドーを入れる方法があります。
おでこに影を入れて顔の面積を狭く見せることを狙いとしているこの方法は、前髪を下ろしているヘアースタイルの方には非常に効果的です。
整形などをしなくてもメイクを工夫することで顔の印象はがらりと変えることができます。