ファンデーションの上級テクニック

顔を小さく、目元は大きく見せたいのが女性の願いです。そんな中で、メイクの方法を工夫することで顔を小さく見せることができます。それは、複数のファンデーションの色を使うことです。最低でも2色使うことが望ましいです。購入するときにクリームタイプやリキッドタイプの物を一番濃い色と一番薄い色を手に入れると良いです。そうすれば細かな色のニュアンスが出しやすくなります。

 

まずは薄い色と濃い色を混ぜて、ベースの色をつくります。目安はに頬の首に近い部分に少し塗り、なじむ色が良いです。そのベースの色味にさらに少し濃い色を混ぜて、影を作るようにさりげなく首元に塗ります。Tゾーンといわれるおでこと鼻筋、目元にはベースの色に薄い色を混ぜたものを塗ります。Tゾーンは脂が出るので、また目元は皮膚がうすので少量を塗るように心がけます。そうすれば脂崩れや目元の小じわを防げます。首元とTゾーンに塗り終わったらベースの色を塗ります。ポイントはベースの色を暗い部分と薄い部分との境目がなくなるようになじませながら塗ることです。

 

また、全体的に厚塗りにならないように少しずつ塗ると良いです。スポンジよりも手の方が手のぬくもりがあるので肌なじみが良くなります。その後はフェイスパウダーをはたいて全体を落ち着かせます。このように、顔のメリハリをつけて立体感を出すことで顔を小さく見せることができます。少しの工夫で上級者のテクニックを使うことができます。