デカ顔の原因

デカ顔の原因は、エラが張っているなど生まれ持った骨格によるものと、生活習慣が由来のものとあります。
骨格のせいならメイクや骨格矯正、場合によっては手術で修正する事が出来ますが、多くの場合は生活習慣を見直す事で改善されるので、まずは日々の生活を見直す事が肝心です。
よく起こりがちなのは、前日に夜更かししたり大量の飲酒を行うことで顔がむくむことです。
血液やリンパの流れが滞り、通常の顔の大きさ以上にデカ顔に見えてしまいます。

 

また、塩辛いものを食べてもむくみやすいので、食生活に気をつけることが大切です。
顔がむくんでいる時は、頬骨のあたりを内側から外側に向かって指でぐぐっと押し上げるようにマッサージをすると効果的です。
またしょうが紅茶などを飲むと、余分な水分を排出してくれるので顔もスッキリするでしょう。

 

また、体重が増えて顔にも脂肪がつくとデカ顔になります。
特に今の季節は代謝が落ちて、寒くて家に引きこもりがちになり運動量が少なくなるので、意識的に身体を動かして代謝を促しましょう。
身体の燃焼されれば、顔の脂肪も徐々に落ちていくのでデカ顔解消には大変効果的です。
お風呂に入る時に、半身浴でぬるま湯にじっと浸かるのもオススメです。